手信号ってわかります?

毎度おおきに

暑くなってきました。
エアコンとまでは行かなくても
扇風機まわっそっかな〜と思っちゃいますねぇ。

今年は計画停電の可能性もありますので
今から電気に頼っていてはいけないんですが

先日は電力会社から計画停電のブロックわけとスケジュールのお知らせが来ました。
もしも停電になった場合の対策も考えておかないといけません。

警察でも信号機が消えた場合に備えて
手信号の訓練をされているみたいです。

が、信号がたくさん設置されてから免許を取った私は
交差点での手信号を見たことがありません。
免許を取ったときに覚えたような記憶もあるようなないようなで
なんとな〜くはわかるのですが
この機会にちゃんと勉強しておくのもいいかなと思います。


赤信号は
水平に両手を広げた体の正面が見える状態。

青信号は
水平に両手を広げた体の側面が見える状態。

黄信号は
両腕を垂直にあげた体の側面が見える状態。
このとき、体の正面が見えるのなら赤信号。

信号機が動いていて、警察官も手信号をしているときは
警察官の手信号が優先されます。


警視庁のホームページに右折左折の仕方を含めて
詳しく説明されてますので一度ご覧になってください。
>>警視庁

節電効果で計画停電が回避されればいいのですが
まさかのときは思い出してください。

またのお越しをお待ちしております。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM