車のリサイクルについて

毎度おおきに

毎日いろんな郵便が来るんですが
今日は自動車のリサイクルについてのチラシが届きました。

皆さん車検証入れの中に「リサイクル券」というのが入っていると思います。
自動車リサイクル法が施行されたころは
みんな「何でやね〜ん」と文句言ってたような覚えがあるんですけど
すっかり定着してなんとも思わなくなりました。

リサイクル料金は
一台の車に対して一回払うだけですのでうっかり忘れがちですねぇ。

そのリサイクル料金は、どのようにして利用されているかご存知ですか?

廃車になった車は

○まず、フロンガスを抜き取り無害化します。

○エアバックを取り外し、安全に分解して金属部分を資源として再利用。

○まだ使えるパーツを取り外して中古パーツとして再利用。

○残りをシュレッダーにかけ、金属とシュレッダーダストに分別。

○シュレッダーダストは熱源として再利用。
 どうしても残ってしまうものだけを埋め立てに。

○金属は原材料として再利用しまた新しい車などに生まれ変わります。


以上の工程で必要になる費用がリサイクル料金なんです。

昔のハリウッド映画なんかだと
車のスクラップがギュギューッと押しつぶされて四角になってポコンッと出てくるシーンありましたけど
(たいてい主人公がその車に閉じ込められていて危機一髪)
今はそんなことしないようです。

車もろともシュレッダーにかけられるなんてのも危険なシーンになりそうですが
ドアが中古パーツとして取り外されてたら
簡単に逃げられるし・・・映画には向かなくなりました。




さて現在、車の約95%が再利用されているそうです。
小さいリサイクルでは
シートベルトやエアバックで作ったバック (結構かっこいいんです) なんかでも再利用。

大事に乗った愛車の
リサイクル料金はこんな感じで有効利用されているようですよ。

またのお越しを待ちしております。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM