日常点検って? その3

毎度おおきに

台風一過で急に寒くなりました。風邪に注意!です。

さて、日常点検についての3回目です。

モデルになっていただくのは展示車のステラです。
軽自動車なのでエンジンルームが狭くて少々混み合っていますが
一番身近なサイズの車ですのでモデルには最適。




今日はボンネットを開けて、ウィンド・ウォッシャー液を点検。


ボンネットの開け方はご存知かと思いますが、一応説明を。


ボンネットオープンレバーを引っ張ればいいんですが
これがなかなか難しいというか・・・場所がわからないときがあります。
たいてい運転席の足元を探せばあるのですが・・・ないものもあります。


ボンネットオープンレバー
矢印つけるのを忘れましたが
ステラは運転席を空けて足元の一番右手に丸いものが見えるかと思います。
見える?
それを思い切って引っ張ると
「ボンッ」という音がします。
ボンネットがすこーし上がっているはずです。

そしたら車の正面にまわって
ボンネットの隙間に手をこそっと入れてみてください。

レバー

隙間にこんなレバーがついていますので
写真でいうと黒い部分をくいっと上に引っ張りながらボンネットを上にあげます。
ボンネットは重いですが手を離さずに支えの棒をしっかりと立ててください。

この棒の名前はかっこよく言うと「フードステイ」とか言うらしいです。
さらにいい車だと「ダンパー」というのになります。


そして、いよいよ1番目のウォッシャ液の点検です。
ウォッシャー液

こんなのがあります。
マークがあるのですがうまく写りませんでした。
フロントガラスが汚れたまま走ると視界不良になりますので
十分あるか確認します。
不足の場合は専用のウォッシャ液を補充してください。


以上。

簡単なことなんですが
初めてボンネットを開けたときってなんかドキドキワクワクしませんでした?

初心を思い出してレッツオープン!です。

次回はブレーキ液の点検です。

またのお越しをお待ちしております。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM